治療機器・設備紹介

当院で使用している治療機器

ベイジングサポートランズ

ベイジングサポートランズはきめ細かな泡で、低濃度のシャンプーができるシャンピングマシンです。

シャワーヘッドから勢い良くシャンプーとバブルが出てくるので、ごしごし手で洗わず地肌と毛をキレイに洗浄でき、汚れが手洗いシャンプーよりもしっかりと取れるため、ブロー時間も短縮でき、ワンちゃんのたちの負担を減らすことができます。

また余分な脂肪をしっかり洗浄できるので、消臭効果も期待ができます。

Aplio300(超音波診断システム)

東芝メディカルシステム製の超音波診断システムです。
新しい画像エンジンと最新の演算システムを導入したことにより、従来の物よりもより鮮明な画像で臓器の状態を把握できる等数多くのメリットがあります。
レントゲンだけではわかりにくい臓器の異常の早期発見につながります。

超音波を身体に当てることで起こる臓器の反射を映像化することで、臓器の状態を検査することができます。
痛みもなく安全な検査で実際に動物病院以外ではマンモグラフィーが使えない若年層の乳がんの検査にも使用されている機械です。

高周波手術装置

従来の電気メスとは異なって、組織の電気的な特性や術者の技術に影響されることなく、常に安定した最高の切れ味を発揮するので、安全性と最新の組織に優しい機能が導入されています。
出血の軽減や手術時間の短縮など様々なメリットがあります。

使用症例
外科 肝臓切除、膵臓摘出、乳腺腫瘍切除など
胸部外科 胸骨の止血、肺切除術など
整形外科 腫瘍切除、骨折手術など
泌尿生殖器科 卵巣腫瘍摘出、避妊去勢手術、腎切除術、膀胱の止血など

X線診断装置

X線は物質を透過する性質があり、その性質を利用した検査です。
臓器の大きさ・カタチ・有無などの確認や異常の発見に役立ちます。

CRシステム

従来ではレントゲンで撮影後、写真を現像して診断を行っておりましたが、CRシステムではレントゲン撮影した画像をデジタルに変換。
コンピューターに取り込むので、普通のレントゲン写真より詳細がクリアで、確実で迅速な診断に役立ちます。

動物用麻酔器・人工呼吸器・手術用生体モニター

手術を安全に行うため、麻酔中の動物の体の状態(心拍数・呼吸数・酸素濃度・二酸化炭素濃度・麻酔濃度・体温)をリアルタイムに測定する機械と動物の麻酔時における呼吸補助を目的とした人工呼吸器です。
麻酔器から供給される麻酔ガスを肺に導入し、強制的あるいは補助的に人工呼吸を行います。
手術には必ず術者、助手の他にモニターを管理する看護師が付き、麻酔事故が起こらないように注意を払っています。

血球計数装置(IDEXX プロサイトDx)

DEXX プロサイトDx™ 自動血球計算装置を新たに導入致しました。

血液中の血球成分を測定する検査の際に使用する機械です。
白血球5分類、網赤血球を含むCBC分析を、わずか2分で測定できます。
さらに猫の血小板を正確に分析する蛍光レーザーフローサイトメトリー技術と、赤血球、犬の血小板を高精度にカウントするラミナーフロー電気抵抗法(インピーダンス技術)を一台に統合。院内CBCを、より正確に、より速く、飼い主様の待ち時間を減らし、コミュニケーションの時間を増やせます。(診断のスピードと質の向上)
赤血球や白血球の測定分布を視覚的に画像化するドットプロットにより、スクリーニング段階における正常と異常分布の素早い判別をサポートできます。

生化学検査機器

血液の液体成分中の物質を調べることができる機械です。
これにより臓器の異常を知ることができます。

富士ドライケム IMMUNO AU10V導入しました。
動物さんの高齢化とともに副腎や甲状腺などのホルモン疾患や増えてきています。また、流行の小型犬などには肝臓の先天性疾患も多く、症状が出ないとわからないような疾患も多いです。このような病気の確定診断にはホルモン測定や従来の検査機器では測定不能な検査項目があり、今までは外部の検査センターに測定を依頼する必要がありました。当然、タイムラグがあり、迅速な治療ができませんでした。この度、副腎、甲状腺、胆汁酸の測定ができる機器を導入致しました。採血後すぐ院内で測定できるので、術前検査に利用することにより安全な麻酔やホルモンの迅速な測定により、来院当日から治療を行うことが可能になりました。

CRP(犬C反応性蛋白濃度測定装置)

炎症やがん等で細胞が崩壊すると、血液中にCRPというたんぱく質が現れます。
病気の程度や、予後判定に有効です。

凝固

出血を止めるには、血液中の血小板の他、様々な凝固因子の協力が必要です。
止血が正常に行われないと思わぬ事態になる場合もあります。
出血が止まらない場合や、手術前の術前検査に使用します。

心電計・心音計

心臓の筋肉の収縮によって電流が発生します。
それを記録することで心臓の異常を調べる検査機器です。

血圧計

光センサーで血流変化を調べることが大切です。
この機械は動きのも強いので、多少な動きではエラーがでにくく、麻酔時に活躍します。

レーザー治療器 (オサダダイオトロン1000V)

疼痛緩和、創傷治癒促進、消炎に効果を発揮。
近遠赤外線半導体レーザー光と、赤色レーザー光の2つの波長で動物さんたちにやさしい治療が行えます。

クリックパルス

椎間板ヘルニアの内科療法で使用する、経皮的電気神経刺激(パルス電流刺激)を与える機械。

クリヨペンM(凍結療法)

小児科で子供にも使用されている治療で、主にイボ等の不必要な皮膚組織を破壊・除去させる治療方法です。
この機器を使用して凍結と融解を繰り返し、組織を破壊します。
出血、痛みはほとんどなく、麻酔せずに使用できるので、動物さんたちにも安全です。

トノペン(眼圧測定器)

眼圧(眼球内にある液体の圧力)を測定する機械です。
眼球に点眼麻酔を行って使用します。
通常は一定に保たれていますが、病気により変動するのでこれにより異常を検知することができます。

体脂肪計

ワンちゃん用の体脂肪計です。ダイエット指導の際に使用します。
ワンちゃん、猫ちゃんの適正体型はボディコンディションスコア(BCS)などで判断することができます。
種類や体格によって若干の違いはありますが、9段階評価の場合「BCS4~5」の理想的な体型を目指してコントロールしましょう。
でも、実は確実な体脂肪の値は人間同様、外見や体重だけでは判断できません。
本当に正しく肥満度を判定するためには、体脂肪率を測定することが必要なのです。
(写真体脂肪計は犬専用)
的確な検査から、ワンちゃん、猫ちゃんの適正体重・体型を私たち専門家が判断し、一緒にゴールに向かって頑張りましょう。

動物さんの肥満はこちら

ICU

酸素濃度・温度・湿度などを病気の状態によって最適な環境に保つことができる集中治療室です。
呼吸器疾患、心臓疾患、代謝病、などの救急救命管理に大きな力を発揮します。
また手術前の動物の酵素化にも使用します。

マリア動物病院では小・中型用ICUに加え大型用のICUも備わっております。

マイクロチップ

当院では、ペットに電子標識器具の「マイクロチップ」の装着をお勧めしています。

マイロチップがもっとも効果を発揮するのが、ペットが迷子になって保護された時です。マイクロチップが装着されていれば、個体識別ができ、スピーディな身元確認が可能です。
同様に、ペットと災害時にはぐれても、マイクロチップで身元の確認が容易です。
また万が一、ペットが盗難にあっても、マイクロチップのIDの改ざんや消去は不可能なので安心です。
海外渡航時にマイクロチップが必要となる場合もあります。

マイクロチップは、ペットの背中の皮下に専用インジェクターで装着します。「痛くてペットがかわいそう」と思われる方がいらっしゃいますが、痛みは注射とさほど変わらない程度とされ、麻酔薬や鎮痛剤も必要ありません。異物反応からなる副作用(炎症など)や、装置が移動する心配もないので、安心して使用していただけます。

マイクロチップは、ワンちゃんなら生後2週齢、ネコちゃんなら生後4週齢ごろから装着できます。愛するペットの安全のために、ご検討ください。

その他

超音波多目的治療器ドリル
保育器等、その他取り揃えております。

マリア動物病院 TEL:0561-51-2011 診療時間:9:00~12:30(受付12:00まで) 17:00~19:30(受付19:00まで) ※日曜日も診療しております