歯石

歯周病の可能性

人間と同じく、ワンちゃんや猫ちゃんの歯周病は、全身の病気と大きく関係している可能性があります。
実際に、3歳以上のワンちゃんやネコちゃんの約8割が歯周病といわれています。しかしワンちゃんやネコちゃんは、自分では歯を磨くことができません。飼主様のケアにかかっています。
歯に付着する歯石は、歯周病菌の巣窟です。愛するワンちゃんやネコちゃんを歯周病にしたくなかったら、何よりも歯石を取り除くことが大切です。
とはいえ、一般のご家庭ではケアにも限界があります。動物病院で、定期的な歯石取り(スケーリング)を行うことをおすすめします(予約制)。

スケーリングには全身麻酔が必要です。全身麻酔をしてから歯石を除去し、歯根清掃や歯の表面を滑らかにし、歯石が着きづらくする処置を行います。

お口の健康チェック!

歯に色が付いている
歯茎が腫れたり、赤くなったりしている
ぐらぐらしている歯がある
最近、抜けたはが食べたいのに食べると悲鳴を上げたにしている
お口から臭いがする
歯石が溜まっている
よだれが多く出る
眼の下が腫れている
お咳をする

歯や口腔の検査は、お口を閉じた状態で唇をめくった状態で、歯の状態、歯茎の色、口臭などを観察して行います。
歯周病になると常に口臭がひどくなります。さらに歯周病菌が血液中に入り込むと、心不全、血栓症の原因になることもあります。
口臭は歯のトラブル以外でも発生することがありますので、早急に診察を受けられることをおすすめします。
歯石は、油断すると3日ほどで付いてしまいます。付いてしまったら自宅ではどうすることもできません。全身麻酔をかけて除去する必要があります。そうなる前に、日頃からのお手入れで防止したいものです。日ごろからお口を触らせてくれるように訓練し、ブラッシングの習慣をつけたり、歯石沈着防止のガムや、バイオフィルムの形成を阻害するサプリメントなどを使用するのもよい方法です。
当院では歯や口腔ケアに、「歯磨き&口腔内オゾン水洗浄(医療用オゾンガス使用)」もおすすめしています。

アフターが大事

歯石は、油断すると3日ほどで付いてしまいます。付いてしまったら自宅ではどうすることもできません。全身麻酔をかけて除去する必要があります。そうなる前に、日頃からのお手入れで防止したいものです。日ごろからお口を触らせてくれるように訓練し、ブラッシングの習慣を付けたり、歯石沈着防止のガムや、バイオフィルムの形成を阻害するサプリメントなどを使用するのもよい方法です。
当院では歯や口腔ケアに、「歯磨き&口腔内オゾン水洗浄(医療用オゾンガス使用)」もおすすめしています。

歯磨きに合わせてトリミングや、わおん泉も行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

オゾン水を利用した人の声

家では怒ってしまって歯磨きもできないので、病院でしていただいています。オゾン水で洗浄もしてもらうので、お口の臭いも(汚れも)さっぱり取れます。最低でも月一回の歯磨き&オゾン水洗浄は続けていこうと思います。(DX・アグリママ)

歯石がつく前からずっと歯磨きをしていただいているので、うちの子は歯がとてもきれいです。(トイプードル・ひなママ)

マリア動物病院 TEL:0561-51-2011 診療時間:9:00~12:30(受付12:00まで) 17:00~19:30(受付19:00まで) ※日曜日も診療しております