Dr.りえのお話

2015.02.20更新

一昔前では考えられませんでしたが、今や『動物病院24時hospital』的なTV番組やニュースが週一ぐらいで放映される時代になりました。
それだけ動物さんが大事にされているという事なので、獣医師としても、動物好きな一個人としても、いい時代だな~と嬉しく思っています。
また、今では人間の夜間救急病院24hoursと同様、しっかりと対応してくれる夜間病院(夜間動物救急診療所:名古屋市獣医師会http://www.nagoyavet.jp/hospital_yakan.htmlなど)もあり、個人動物病院としてはとてもありがたく思っています。

というのも、一昔前までは私たちのような個人病院が夜間救急の対応をしなくてはその子を救えないという状況に陥ることも多々あり、私も夜中に奮闘することもありましたtyphoon

でも、どう考えても、スタッフもいない、検査もままならないような状況で、本当の救急であればあるほど、救命率は格段下がります。

たまに『先生にちょっと診てもらえれば安心だからweep・・・』とおっしゃる方もいらっしゃいますが、それは大・大・大間違い!獣医師たった一人で何でもできるわけではありません。確実な検査による確定診断と病状の判断、的確な治療、サブをしてくれるスタッフがいてこその救命です。(それは人間の病院でも同じことですが・・・。)
 

飼い主様の安心だけのためであれば、いくらだって夜起きて診察しますclock

でも、現実は違いますよ~。
本当に朝(通常診察)まで待てないほどの救急であれば、確実な治療をせねば救命できません。
獣医師一人では、できる事の限界がほんのちょっとそこまでです。
手術にしても、一人より二人、三人と人が増えればより確実、安全にできます。

ですから、私は時間外救急の場合、飼い主様から症状をよ~く聞き、今の状態が

 『本当の救急』か、
 『ちょっと心配だから私が診よう』か、
 『今でなくてもまず大丈夫』か

の判断をするようにしています。

そして、夜間動物救急なるものが存在している今、そのこにとってベストな判断をしているつもりですpaper

でも、TVで未だにたま~に、動物版赤ひげ先生shadowみたいな人が出てきますね。
くどいですが、夜間に誰も診る人がいない場合は、たかが一個人獣医師でも、獣医師でない方よりはましです。

先日、夜間救急でも他の24時間救急でも断られてしまったウサギさんの診察を早朝にしましたが、何時間かは延命でき、飼い主様にはありがとうと言って頂けましたcrying
でも、それでも、時間外でなければ!人手がもっとあれば!もっと何とかなったのではないか!と未だに悔やまれます。

そうなのですbearing
 

私は100%の力を出せない治療をすることが途轍もなく許せないのですthink

赤ひげ先生たちはそういう感情は持たない方なのか、それよりもなによりもおそらく自分が助けなくては!という自己犠牲的な気持ちが強い方なんだろうなと私は思います。

私はその真逆で自信のない治療はせず、私より格段治療技術が高い病院、先生を紹介します。
・・・そうだな~(*´ω`)、前にも書きましたが、自分にも人にも厳しい私はそもそもいろんなことにあまり自信がない。
普通の獣医さんができる治療、手術はできる自信はあるけれど、特別の人しかできないことは出来ない。


そんな中で、私が唯一自信のある事は、その子と飼い主様に対する気持ちheart02と決して諦めない気持ちheart02
最新の高度医療で、どうすることもできない所からが本領発揮です。
たまに私の方が飼い主さまより気持ちが先に行ってしまって、空回りしてしまったり悲しい思いをすることもあるのですけれど・・・。

投稿者: マリア動物病院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

マリア動物病院 TEL:0561-51-2011 診療時間:9:00~12:30(受付12:00まで) 17:00~19:30(受付19:00まで) ※日曜日も診療しております