Dr.りえのお話

2007.10.01更新

 私の命より大切なメルモ(ヨークシャテリア・7歳)が癌になりました。 
                   
 組織検査の検査結果を見た瞬間、私の頭は真っ白になりました。                    
 「鼻腔腺癌」。メルモの病名です。                    
 鼻の穴の奥の方にできる悪性の腫瘍で、進行すると顔面の変形や脳への浸潤が起こってくる とても怖い腫瘍です。無治療3~6ヶ月、放射線治療をしても1年ぐらい・・・。                    
                     
 「うちの子がどうして?何か悪い事したの」。身内の者が病気になると、誰もが思う事なのでしょう。                    
 1週間ぐらいは現実を受け止められませんでした。ただただ、眠っているメルモを見ては、歩いているメルモを見ては、外出していてもメルモのことを考えては、涙なみだの毎日・・・。                    
 でも、泣いていても癌は進行するばかりです。治療しなくては!                    
                     
 癌には色々な種類がありますが、メルモの罹っている鼻腔腺癌は放射線療法以外効果的な 治療法はありません。やるしかない!!         
           
 しかし、放射線は人の場合と同様、正常な組織にも影響するため、副作用も起こります。                    
 それ以上に動物さんは人と違ってじっとしている事が出来ないため、放射線を当てる場合には  全身麻酔が基本です。それも、週に3~5回(総回数は癌種によりけり)と当てる必要があるため (根治的治療の場合)、相当体に負担が掛かります。最悪の事が起こり得る可能性だって ゼロではありません。                    
                     
 私のわがままな感情(メルモに生きていてもらいたい)だけで、結局メルモに辛い思いを させるのではないか?。いくら考えても結論はでません。最終的には「メルモに聞いてみよう!」と。                    
 メルモは私の顔をじっと見て「私もお姉ちゃんともう少し一緒にいたい・・・。麻酔も治療も 頑張れる!」と確かに私に言いました。と、いうのは誇張しすぎですが、メルモには生きる 力がまだまだあるように感じました。皆さんも手術や治療の選択をする場合、動物さんに 尋ねてみてください。動物さんは言葉でお話しすることは出来ませんが、心の通じている 飼い主さんには、動物さんの気持ちはわかるはずです。                    
                     
 話は反れましたが、メルモの放射線治療(計44Gry、総回数11回)は無事終わりました。                    
 
 1~3日置きに三重の南動物病院まで通い、麻酔をかけ、放射線を当てと、1kgちょっとと小さな体で頑張ってくれまし た。心配されていた副作用も、こんなに出ない子は珍しいとおっしゃっていただいたくらい 出ませんでしたし、麻酔後の回復も信じられないくらい早く、家に着くや否や、ご飯、ご飯と・・・。                    
 このように今回の放射線治療は無事すみましたが、メルモの癌は治ることはありません。 いつか再発します。それが3ヶ月先なのか、3年先かはわかりませんが、メルモが生きてくれて いる間、後悔のない生活を送って行きたいと思っています。とは言っても仕事をしているため、四六時中一緒にいる事は不可能ですが、一緒に過ごせる時間を大切に過ごしたいです。                    
                     
 私たちのこの忙しい日常、誰が動物さんの鼻の皺一つ一つをじっと見たり、髭を一本一本 観察したりなどする時間があるでしょうか?                    
 でも病気というものは不思議なもので、健康な日常生活では考えられないような、ゆっくりと 流れる穏やかで、幸せで、温かい、充実した時間も作り出してくれるものなのです。                    
                     
 いつかメルモがいなくなってしまった時、皺から髭からすべてを思い出せるように・・・。                    
                     
 ご自分のペットが癌になってしまったら・・・?。                    
 まず、泣けるだけ泣いて、涙は涸れないことを悟り、次に相手(癌)を知りましょう。                    
 倒せる相手なのか?倒せない相手なのか?                    
 そして、その動物さんにはどのような方法がベストなのか?                    
 ご家庭の事情、動物さんの状態、年齢など、一筋縄には行きませんが、一緒に考えていきましょう。                    
                     
                     
 最後に。                    
 今回メルモの癌の診断、検査、治療などにおいて、獣医師を忘れてパニックを起こしている私に ご助言、ご協力してくださった先生方、手紙、メール、電話などで励まして応援してくれた友達、2時間もかかる三重の動物病院まで、メルモを何度も連れて行ってくれた家族、本当にありがとう ございました。皆様の期待に答えるようメルモはまだ頑張ってくれるはずです。                    
 本当に、本当に、ありがとうございました。                    
                     
 「私、10歳までは頑張るよ!まだまだお姉ちゃんと過ごしたいから・・・。    By メルモ」                    

投稿者: マリア動物病院

マリア動物病院 TEL:0561-51-2011 診療時間:9:00~12:30(受付12:00まで) 17:00~19:30(受付19:00まで) ※日曜日も診療しております