癌治療について知っていてほしいこと

2014.02.10更新

オゾンとは・・・・

 自然界のオゾンは高度10 - 50km付近とされるオゾン層で生成され、私たちを取り巻く空気にも微量ながら含まれています。オゾンは、酸素分子にもう一個余分の酸素原子が付いた不安定な構造をしていて、自然に分解して酸素に戻る(O3→O2+O)際に放出される酸素原子がとても強い酸化力を持っており、大気を自浄する働き(消臭・除菌)や有害な紫外線を吸収する働きがあります。
 オゾンには独特のにおいがあり、高原や日差しの強い海岸、森林などの空気に多く含まれていますが、過度に多いと有害でもあります。オゾンは大気を浄化した後時間と共に酸素にもどるため、極めて安全な物質です。

オゾン治療とは・・・・

 オゾン療法とは医療用のオゾンガスを用い、オゾンそのものの殺菌作用やオゾンと生体物質との反応生成物(オゾン誘導化学種)による作用を利用し、適度な酸化ストレス(※1)で生体内の抗酸化物質の量を増やし、体内の酸素化や免疫機能の向上、細胞の活性化などを期待する治療法です。主な効果に下記の作用があります。
 なお、オゾンは空気より多少重い気体です。この性質を知っていれば、オゾンの過度の吸入を防ぐことができます。
(重篤な副作用は起こりません)(禁忌:甲状腺機能亢進症 G6PD欠損症)

  ①血流改善、酸素供給量増加
  ②鎮痛消炎作用
  ③創傷治癒促進
  ④免疫細胞活性化作用
  ⑤抗がん作用         など


※1動物たち(人も)が抱える90%以上の病気は活性酸素(=酸化ストレス)によって引き起こされます(体内に取り込まれた酸素の2%がエネルギー発生の際に活性化して活性酸素になるといわれています)。
 さらに活性酸素は、化学薬品、食品添加物、紫外線、喫煙、ストレス、怒りなどの感情、乱れた食生活などでも発生するので、現代社会では体は日々活性酸素にさらされています。
 しかしこの活性酸素、元々は体に必要で外部から入り込んできた異物(微生物)を退治したり、細胞内での情報伝達や代謝の調節、免疫など、さまざまな重要な働きがあります。
 増加し過ぎ、体内の脂質と結びつき過酸化脂質(=酸化ストレス↑)となると体に悪影響を与えるため、この酸化ストレスと抗酸化作用のバランスが健康を守る鍵となります。

 
オゾン治療の効果

 オゾン療法は、(前述のように)様々な場合に効果がありますが、当院では腫瘍、腎不全、肝疾患などの難治性疾患、皮膚病、創傷、炎症、椎間板ヘルニア、加齢などによる体力・運動機能の改善・維持、QOLの改善、病中・術中・術後の疼痛緩和、アンチエイジング等で効果が出ています。

オゾン治療の方法

 オゾン療法には、さまざまな投与方法があります。
 当院で行う治療は主に次の7つです。

 ① 注 腸 法(肛門から直腸の中に注入)
 ② 自家(多家)血療法
  (採血した血液とオゾンガスを混和し、再び体内へ戻す)
    A.大量自家血療法 B.少量自家血療法 C.大量他家血療法
 ③ 皮下注射法(少量ずつ皮下に局所注射で注入)
 ④ 腹腔内投与法(腹腔に針を刺して注入)
 ⑤ オゾン化オイルの使用(直接塗布する)
 ⑥ オゾン水の使用(洗浄する)


1.注腸法
 直腸の中にオゾンガスを注入します(所要時間2~3分)。慢性疾患、腫瘍の補助療法や神経系疾患等で行います。外来診察で処置可能です。

2.自家(他家)血療法
 採血した血液を自分の血管内にもどす方法(A)、採血し皮下注射する方法(B)、輸血の際の療法(C)があります。採血や血管確保が必要となるので手間はかかりますが、一番有効です。
 とくに(A)は腫瘍の治療やすべての疾患の当初の療法として効果的です。(B)は非特異的免疫刺激療法と言って、アレルギーや免疫の活性化が期待できます。(B)は外来診察で処置可能です。

3.皮下注射法
 少量ずつ、皮下注射をします。疼痛の管理、関節や筋肉の疾患、椎間板ヘルニアなどで効果的です。外来診察で処置可能です。

4.腹腔内投与法
 お腹に細い針を刺して、ガスを腹腔内に注入します(所要時間5分)。注腸法と同様の効果があります。外来診察で処置可能です。

5.オゾン化オイルの使用
 潰瘍や外傷、皮膚に直接塗ります。創傷の治癒促進、抗炎症作用、酸素供給の改善等の効果があります。

6.オゾン水の使用
 皮膚、粘膜、創傷、口腔などを直接洗浄します。創傷の治癒促進、抗炎症作用、酸素供給の改善等の効果があります。
 高濃度:皮膚の殺菌、難治性外耳炎・中耳炎の処置などに使用
 低濃度:皮膚の除菌などに使用




  

投稿者: マリア動物病院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • メルモ 癌闘病記(Drりえのお話より)  (0)
マリア動物病院 TEL:0561-51-2011 診療時間:9:00~12:30(受付12:00まで) 17:00~19:30(受付19:00まで) ※日曜日も診療しております